『聖なる予言』本のご紹介 本当にやりたいのに怖いときは

こんにちは。セイクリッドサウンドのAKIです。

「負け戦をしていると感じたら、今していることを中止してください。

混乱しているときは、次のように自分に問いかけてください。

『私はなぜ、ここに、こんな状況に、今、いるのだろうか? この瞬間、私の人生に何が起こっているのだろうか?』」

ベストセラー『聖なる予言』の引用です。

そんなとき、自分は、本当は何がしたくて、何をしていると喜びを感じるのか、

そしてなぜ今それをしていなくて、しようとしていないのか、

を考えるきっかけにしてみるとよいかもしれません。

ただ、しようとすると恐れが湧きあがってくることもあるでしょう。

私は怖かったです。

何が怖いのでしょうか。

私はCADオペレータから鍼灸師になろうと思って悩んでいた時、安定した仕事を辞めるのは怖かったです。

そして、ヒーラーの仕事を契約しようとしたときは、理由もわからず、怖くて体が震えました。

本当にやりたいことに取り組むとき、恐れが湧きあがってくるかもしれません。

それは、過去の体験からの失敗や思い込みが、心や体に残って、そこからくるのかもしれません。

そんなときは以下のことが役立ちます。「聖なる予言」から引用します。

  • 出来る限り静かに一人で過ごす
  • 心をリラックスする
  • 自分が望んでいることに心を集中する。
  • 自分には常に他の選択肢が用意されており、どれも選べることを思い出す。
  • 心が静かになったら、恐怖の前に感じていたかすかなサインを思い出す。

ヒーリングも、そのことに向き合い、手放し、本当に望むことにフォーカスする手助けをします。

私自身もそうやって、少しずつ、自分の夢に近づいてきたように思います。

ヒーリングセッション
ヒーリングセッション
メニュー/料金  
エネルギーリーディング&ヒーリング、ヒプノセラピー、グラウンディングワーク、鍼灸
◆無料メールセミナー
「魂の望む人生を実現する」7つのコツ
◆プロフィール ◆お客様のご感想
◆ヒーリングとは ◆ホームページトップ
◆お問合せ ◆Facebook ◆アメブロ
☆セッションお申込み

◆アクセス
名古屋市東区(千種駅徒歩3分)


お読み頂きありがとうございます。クリック応援励みになります。
タグは12月中までです。それ以降アメブロに移行しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする