『人は何のために生きるのか?』映画『リーディング』見てきました

魂の望む人生を実現する
ヒーラー&鍼灸師AKIです。

エドガー・ケーシーの映画
『リーディング』見てきました。

以下は紹介分の抜粋です。

ホリスティック医学(全体的医療)
の原点といわれるエドガー・ケイシー。

エドガー・ケイシーが行った“リーディング”では、
相手を理解し、受け入れ、赦し、
愛と祝福を送ることで
潜在意識に埋め込まれた情報を
書き換えることができると指摘する。

我々の生き方に「恩寵」
つまり思いやりを持つことが大切になっていくのだ。
カルマを超えた更なる進化を遂げることが
出来るか否かは今後の一人一人の気づきにかかっている。

映画『リーディング』は
新時代の生き方に新たな目覚めを
促すことになるであろう。
http://officetetsushiratori.com/readings/index.html

全国で自主上映会をしています。
タイミングがあったら是非(^^)

映画では、様々な医療従事者や
ケーシー療法の体験者の
インタビューが出てきます。

またドラマ仕立てにもなっていて
楽しめました。

『人は何のために生きるのか』
映画の副題です。
ほんとそう思います。

いろいろ思いますが
まずは自分を大切にして
楽しんで生きる
そんな波動でいたいと思います(^^)

記事一覧
カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする