ちゃんとしなくていい。インナーチャイルドを感じて喜ぶことをしよう。

魂の望む人生を実現する
ヒーラー&鍼灸師AKIです。

瞑想をしていると

夜寝る前は、一日の振り返りで簡単に瞑想をします。

先日は、いつもより丁寧に瞑想をしました。

体の滞りを意識しながら、頭から足のほうへとだんだんと意識を下ろしていく。

呼吸をしながら、滞っているところを意識し、エネルギーを感じて下ろしていく。

特に肩回りに滞りがあるなぁと、そこを丁寧に感じながらしていると、幼いころの自分が感じられてきました。

インナーチャイルドワーク

あら、いつのまにか、インナーチャイルドワークになっている。

瞑想やグラウンディングワーク、ヒーリング、ヒプノが必要に応じて駆使されている。

自然とそうなっているのね。今必要なものが出てくるから。

インナーチャイルドワークはずいぶんしたけれど、折に触れずっと癒し続けるといいですね。

インナーチャイルドの気持ちを感じる。

彼女が感じてほしかったこと、私が無視してしまった気持ちを感じて共感する。

すると、滞っていた体が緩みほどけていく。

私は、ただただ、彼女の気持ちを感じて涙する。

押し込めてしまった気持ち、無視してしまった気持ち、我慢していた気持ちをね。

インナーチャイルドは感情を司っているから。

彼女と一緒に居て、その気持ちを感じて、置いてかないよと伝える。

頑張って成果をあげても、なんとなく空虚な気持がするのは、インナーチャイルドの我慢している気持ちを無視しているからかもしれないです。

インナーチャイルドが癒されると、自分もどっしりし、生き生きとよりいっそう自分らしくなってきます。

インナーチャイルドが我慢した気持ちは、こうして体に押し込められていたのね。

記憶と心と体はこんな風につながっていて、この日は、こうして深く自分を感じる日だったようです。

彼女の気持ちを感じると、ぽかぽか体が温かくなってきました。

インナーチャイルドが喜びわくわくすることをするのが大切ですね。

ちゃんとしようとあせったり、未来のすごい自分になろうと頑張ったりしなくていいのね。

インナーチャイルドにつながることは自分の本質につながること。

エネルギーリーディング&ヒーリングでもヒプノセラピーでもつながることができます。

今回は瞑想してたらそうなった(^^)。

ワークは必要なものがでてくるのですね。