自分でできるヒーリング法

魂の望む人生を実現する
ヒーラー&鍼灸師AKIです。

紙に書く

毎度ヒーリングと書いていますが、リーディング&クリアリング&ヒーリングをひとまとめにして、一言でヒーリングと書いています。

セッションでは、あなたの行動や夢を制限する傷や思い込み・不要な価値観などをリーディングによって探り、クリアリングによって手放し、傷ついたエネルギーをヒーリングします。

傷や思い込みなどは、慣れ親しんでいるので、なかなかわかりづらいものです。

でも、今自分が悩んでいることについて、思いに任せ紙に書いてみることで、自分の思いや考えを整理することができます。

自分しか見ないのだから、思い切って何でも書きます。

さて、その紙には、あなたの吐き出した思い・エネルギーが乗っています。

書くことで、心に重く溜まっていたものが、少し軽くすっきりしたでしょうか。

紙の上に吐き出されたんですね。

話はそれますが、芸術作品というのは、ある意味、こういうものだと思います。

表現されたエネルギーです。

表現されたものが持つ力

こんなことを思い出しました。

昔、美術館で、展示の絵を見ていた時のことです。

ある作家さんの絵を見ていると、なんだかわからないが気分が悪くなる。

気のせいかと思ったけど、幾つか展示されていて、その前に来るとやはり気分が悪くなるので、飛ばしてなるだけ見ないようにしました。

なんだか、自分にとっては、ネガティブなエネルギーが出ていると感じたんですね。

後で聞いたら、一緒にいた友人もそうだったというので、何か絵からエネルギーが出ているねって話になったのです。

だから、私たちは、その後、美人画を見て、その絵から出ている清涼感を感じ、癒されました(笑)

ただ、私たちには合わなかったけど、その絵を見て共感した人がいるから、飾ってあったんですよね。

ある境遇にいる人にとっては、慰める力があったと思います。

自分のいる位置によって訴えかけてくるものは違います。

もしかしたら、私も違う気分の時に見たら、共感したかもしれません。

芸術作品・表現されたものには、そういった力があると思います。

話はそれましたが、ただ、そいうった意味で、どんなエネルギーに触れるかは重要だと思います。

毎日通る道にしても、なんだか嫌だなと思う道ではなく、自分にとってしっくりくる心地よいものを選ぶ。

なんだか嫌だなと思うのは、やはり自分とってはそうなのです。

そんな感じで自分が感じていることに敏感になるというのは、自分の本質に近づくひとつの方法です。

手放そう~!

さて、自分のネガティブな思いを書き、吐き出した紙はどうしましょうか。

私は以前、ヒーラーにクリアリングしてもらった内容を律義にも紙に書きだしていたことがあります。

そして、それをもう一度、見返したら、エネルギーが戻ってきて体調が悪くなりました(^^; ←これはやめてください。要注意ですね。ヒーラーによって手放したのだから、わざわざ書く必要はありません(笑)

自分で書いた、吐き出された思いを乗せた紙は、燃やすなり、破るなりしてしまいましょう。

これは自分でできるクリアリングですね。

あなたの気持ちはどう変わるでしょうか。

そして、アロマやお風呂など、自分を心地よく癒すヒーリングをしてくださいね。