私のヒーリングプロセス② 手放し・浄化は体から起こってくることもあります

魂の望む人生を実現する
ヒーラー&鍼灸師AKIです。

鍼灸院勤務の傍ら、治療にはもっと深いレベルでの癒しが必要だと感じていた私。

もやもやするも、どうしてよいかわからず、熱心に瞑想を続けていました。

ライトボディという体をクリアにしていく瞑想です。

そして、ある日、体に異変が起こりました。

前回の続きです。

ジンマシンでした

ある朝、体が痒くなって、お腹や背中にポツポツ発疹が出てきました。

発疹は、仕事の昼休憩を終える頃には、あっという間に大きくなり、地図のように体中に広がっています。

午後の仕事を抜け、内科のクリニックへ行きました。

医師1「ジンマシンですね。注射を打てば良くなりますよ」

太い注射を打たれました。ところが、再び仕事に戻って夕方になっても、治るどころか、痒みも治まりません。

発疹はどんどんひどくなります。

仕事を早退し、皮膚科へ行きました。

医師2「ジンマシンですね。注射を打てば良くなりますよ」

私「さっきも打ったんです」

医師2「あぁ、ジンマシンは注射で抑えるのだけど、ジンマシンの威力が薬より強いとぶり返しちゃうんです。もっと強い注射を打ちましょう。今晩は痒みも治まってゆっくり眠れますよ」

再び、太い注射を打たれました。

1日にこんな太い注射を2本も打って、大丈夫なんだろうか?

そう思いましたが、帰りの電車では、発疹は消えなかったけど、痒みは治まり、うとうと眠って帰りました。

さて、翌朝。鏡を見て仰天しました。発疹は顔や頭にまで広がり、体の発疹は広がり赤くなっています。

さすがにこれでは仕事に行けないので、再び、家の近所の皮膚科へ行きました。

好転反応なのか

鍼灸やフラワーエッセンスの好転反応として、体がだるくなったり熱っぽくなったり、咳が出たりすることがあります。

そういう症状であれば、あるいは気付いたかもしれません。

でも、このときは、なぜこんなことになっているのか、さっぱりわかりませんでした。

医師3「ジンマシンですね。でも、ここではもう診れないくらい重症なので、近所の総合病院に紹介状を書くので、今から行ってください」

えー、そうなの?そんなにひどいの? そう思いながら咳き込んできました。

医師3「あれ?咳が出るの? 他に気になることは?」

私「そういえば、さっきトイレに行ったとき、お腹の尿の管に痛みがありました」

先生「えっ、それは大変だ!」

え、何が? 何が~?

次回に続きます。

ヒーリングセッション
ヒーリングセッション
メニュー/料金  
エネルギーリーディング&ヒーリング、ヒプノセラピー、グラウンディングワーク、鍼灸
◆無料メールセミナー
「魂の望む人生を実現する」7つのコツ
◆プロフィール ◆お客様のご感想
◆ヒーリングとは ◆ホームページトップ
◆お問合せ ◆Facebook ◆アメブロ
☆セッションお申込み

◆アクセス
名古屋市東区(千種駅徒歩3分)


お読み頂きありがとうございます。クリック応援励みになります。
タグは12月中までです。それ以降アメブロに移行しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする