不安や不満、イライラした焦燥感を感じるのは

魂の望む人生を実現する
ヒーラー&鍼灸師 AKIです。

腑に落ちました

今日は静かな興奮を持ってこの記事を書いています。

たまたま図書館で出会った本(本当はたまたまなんてないかもしれませんが)を読んだんです。

それはマーケティングの巨匠、ジェイ・エイブラハムの本で、読む気もなかったのに、冒頭を読んだら引き込まれてしまいました。

そして、私がしているヒーリングにも通じて共感、あぁやっぱりそうだよね!そんな気持ちにさせてもらいました。

こんな記述が出てきます。

あなたの魂のレベルを私がスキャンすれば、あなたの不満や不安、いらいらした焦燥感は、あなたのDNAに組み込まれた先天的、運命的に達成すべき設計された目的と現状とのギャップから生じてきているだろうと判断するでしょう。

だからこそ、あなたは不満を感じるのです。
人は本当は高次元のレベルでは知っているのです。
自分が、もっとはるかに高いレベルで影響を与えたり、貢献したり、実現できることがあり、それに向かっていないことで自分の人生が正しいようには感じられず、それが不幸に感じる原因だと。

これまでの社会では、世界中どこでも、凡庸に居続けることを外的要因によって強要されてきたので、そのような価値観に自分を抑え込んでいるけれども、実際は、そのようには人間は設計はされていないのだと、私は考えています。

あれっっと思いました。

マーケティングなのにスピリチュアルっぽいぞ(^^)

ビジネスだけに特化している訳でもないのです。

人が高次元で既に知っているなりたい自分の姿は、ひとそれぞれ。

ビジネスで世界を良くすることだったり。
ボランティアで地域に貢献することだったり。
家庭人として家庭を居心地よくすることだったり。
子供を豊かに育てることだったり。 だと。

これは、私自身がブログを通してずっと言ってきたことと一緒で嬉しくなったのです。

高次元の自分

ジェイが言う、高次元で知っている自分。

それを私は、魂の呼び声と呼んでいます。

だから、ヒーリングサロンの屋号が、Sacred Sound(魂の声)なのです。

私自身が、なぜだかわからないモヤモヤした感じに苦しみ、その道をずっと探してきたので、この感じがよくわかるんですね。

それは、本来の自分とずれている、何かあるんじゃないかという感じ。

ただ、それがはっきりわからないから、ぐるぐるとジレンマが起きてしまう。

これを口で説明されて分かればそれで良いのだけど、他人の信念や自分の思い込みなどがブロックとなって、どうにも腑に落ちないこともあります。

これが、エネルギー的ブロックとして、気持ちのぐるぐるや体感の痛みとして現れ、本人にとってはとてもリアルで、そこでどうしても止まってしまう。

ヒーリング・エネルギーワークを通して

私自身が幾度も経験してきたこうしたこと。

これをエネルギーリーディング&ヒーリングで、体やチャクラやオーラ、前世や多次元レベルなど、様々なレベルで拡大して見ていくことで、取り去ることができます。

ここに私の仕事があると思っています。

そして、本来の自分自身のエネルギーを取り戻し、自分に力があると知り、前進していくことのお手伝いをしているのだと改めて認識。

思い返せば、クライアントさんは皆さん、こうした魂の呼び声を聞いていらしてくださっていたのだなと。

必要な方がいらっしゃると感じます。

こうした方々に貢献したいと思っています。