誰かに批判された時には。。

手持ちの本をパラパラ読み返していると、こんなフレーズがありました。

『内なる平和とは、自己に対する批判と疑いを手放すことです』

それに続いてこんなフレーズがありました。

もし人々があなたに批判的だと気付いたら、はじめにまず、自分自身を批判している部分が自分の中にないかどうか尋ねてください。

そして、その自己批判を手放すにつれて、他人からの批判も少なくなるでしょう。

また、彼らがあなたを批判するのは、彼らが自分自身に批判的だからかもしれません。

彼らの行動と言葉を彼らの信念の表明と見なし、落ち着いて、中心を保って下さい。

確かに、人に何か言われて気になるのは、よくよく考えると自分でもそうだなと思ってる節があるんですよね~(^-^;

図星だと怒りだすこともあります。自他ともに見かける風景です(笑)

そして、自分でそう思ってなかったら、意外に気にならないものです。

そして、批判している人は、自分自身にも批判的だというのはなるほどな~と思います。

結構自分自身にも厳しく、自責の念で苛まれている、ってことあるんじゃないかな。

自分をとりまく世界から、自分自身を理解するサインとしてとらえることができますよね。

結局のところ、自分をとりまく世界は、自分の内側のミラーとしての反映ですよね。

何か言われて、自分でもそうだと思って、落ち込むんじゃなくて、それを、より良い自分の在り方に、転換する材料にしていけたらいいと思います。

そう思うとなんだかありがたいですね(^^)