痛みを癒すことで本来の望み・才能に気付く

魂の望む人生を実現する
こんにちは、ヒーラー&鍼灸師AKIです。
今日はちょっと語ってます(^^;

誰もが希望を持って明るく生きる

だれもが希望を持って
明るく生きられたらいい
そんな想いで鍼灸師になりました。

30代半ばで鍼灸の道に入り
毎日100人位来院する鍼灸院で、
朝から晩までコマ鼠のように、
秒で動いて、働いていました。

2年ほど経ったころ
なんだか私は自分の中で
やっていることが
ずれているように感じてきたのです。

 体から伝わってくること

体を触らせてもらっているうち
伝わってくることがありました。

首の痛みで来られても、
そこから孤高と寂寥感、
親しく人と交わりたい願いが
伝わってくる

肩の痛みから、悲恋からくる
切なさが伝わってくる

腰の痛みでも、厳しい自己禁欲の騎士
のような姿勢と誇りが伝わってくる

その人の本質というか
望みのようなものが
なんだか伝わってくる。

痛みが理解されると癒される

あぁ、そうだったんですね。

施術をしながら
私は口に出さずに共感する。
するといつのまにか
眠ってしまわれる。

痛みが理解されるとき、癒されると
いうことがあるのだろう。

東洋医学では、こうした感情の
痛みからくる症状が記されている。

 体の奥が訴えてくるもの

自分らしく元気に過ごすには
また別のアプローチとして
体の奥が訴えてくるもの
これをもっと理解したい。
それがヒーリングを学んだ
ひとつのきっかけです。

そして、まずは私自身を
理解したかった

そこで、自分を癒して理解する学びの期間に
長く身を置くことにしたのです。

あまりに強い感情が体を痛めること。
またそれが体に残って
無自覚に思い癖となり
生活スタイルに影響を及ぼすこと。

私自身痛みを感じると、
医療機関を訪ねもするのですが
この痛みは何を訴えているの
だろうと自問してみます。

 自分の望みや才能に気付く

そのときそれぞれの
心と体からのアプローチで
こうしたものをほぐしていくことで
自分でも思わぬ自分の望みや才能に
気付いたりしていく。

そんな希望を見出す現場に
居合わせる瞬間が
私の望むことなのです。

ヒーリングセッション
ヒーリングセッション
メニュー/料金  
エネルギーリーディング&ヒーリング、ヒプノセラピー、グラウンディングワーク、鍼灸
◆無料メールセミナー
「魂の望む人生を実現する」7つのコツ
◆プロフィール ◆お客様のご感想
◆ヒーリングとは ◆ホームページトップ
◆お問合せ ◆Facebook ◆アメブロ
☆セッションお申込み

◆アクセス
名古屋市東区(千種駅徒歩3分)


お読み頂きありがとうございます。クリック応援励みになります。
タグは12月中までです。それ以降アメブロに移行しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする