喜んだ後にすること

魂の望む人生を実現する
セラピストAKIです。

昨日は「予祝」のお話をしました。
前祝としてのお花見。予め祝う。
予祝の応用、使ってみようですよね。
そして、気付いたこと。

「喜んだ後、感謝する。」

①なりたいものを思い描いて
②喜びの感情を今感じて
③感謝する

これだなと思いました。

何にでも応用できますね。
試してみたいです!
いや、試すんじゃなくて実行したいです!

そういえば、思い返すと
自然に①②③ができていた時
あっけなくそれが手許に来たことがありました。

あっ、③は微妙だったりするなぁ。
でも明らかに①②はできていました。

「③感謝する」は、実際手許にないと
現実味がなく、難しいのかもしれません。
それでも感謝できた時は、そこに心配がなく
確信している時だからなんでしょうね。

心配がなく、自然と①②までできてた時は
ほどなくそれを体験して驚いたことがありました。

だから感謝までできれば、本当パーフェクトですね。

そしてもうひとつは「受け取る」です。

実際手許に来ても、それを受け取れないこともありました。
望んでいたことなのに、いざそれが目の前までくると
それときちんと向き合って受け取れない。

だから、本当に自分が望むものがわかっていることと
それを受け取る価値が自分にあると思っていること、
このふたつは大切だなと思いました。

そして普段から、自分の感情に蓋をして生きていると
このふたつがよくわからなかったりする。

自分の感情に自分できちんと気付いていられるように
普段から自分の好きなこと・喜ぶことを生活に
取り入れたいなと思います。

ヒーリングセッション
ヒーリングセッション
メニュー/料金  
エネルギーリーディング&ヒーリング、ヒプノセラピー、グラウンディングワーク、鍼灸
◆無料メールセミナー
「魂の望む人生を実現する」7つのコツ
◆プロフィール ◆お客様のご感想
◆ヒーリングとは ◆ホームページトップ
◆お問合せ ◆Facebook ◆アメブロ
☆セッションお申込み

◆アクセス
名古屋市東区(千種駅徒歩3分)


お読み頂きありがとうございます。クリック応援励みになります。
タグは12月中までです。それ以降アメブロに移行しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする