自分と繋がって、自分を表現するには

魂の望む人生を実現する
セラピストAKIです。

自分を表現することについて

自分を表現することに葛藤が無い方は
スルーしちゃってください~。

こうしてブログを書いておりますが
自分の想いを表現することは苦手です。

私の場合は、昔からの癖で
自分の想いは言わず
相手がこう言ったら気に入るだろう
という想像のもと話していました。

母親がそういう会話を求めたからです。
うっかり自分の想いを話そうものなら
「なぜそう思うのか」、
母親が気に入るまで
延々質問攻めにあいました。
そのまま受け入れられることは
ありませんでした。

「なぜ」なんてないですね。
そう思うから、そう思うのですね。

ただ、自分の考えを検閲する癖が
つきました。自分の発言に対する
ジャッジに耐えられず
いつしか自分の想いは封印するように
なりました。

本当は、言葉遣いよりも
相手が本来言わんとしている
ものをつかみとりたいと思っているのに

ストレスを避けるため
あたりさわりのない予定調和な退屈な
会話を選んだわけです。

本当は創造の源から話したいと思っている

そうやって自分の想いを抑圧すると
まるで生きながら死んでいるようです。

それはそうですよね。
自分の中の創造の源から
自ら断ち切っているわけですから。

でも本当はそこから表現したいと思っている。

そして矛盾するけど、自分の想い(創造性)
から、発しようとすると、ものずごい
ストレスがかかる訳です。

長年の思い込みが、ばぁーっと出てきて
私の場合は、ひとりになりたくなったり
体までぐったりしてしまいます。

自分の思い込みに気付き、手放す

自分でも何が起こっているのかわからない。
本当に表現したいことをしようとすると
理屈を超えて、気分や体の具合が悪くなってしまいます。

でも、これも経験ですが、そこに気付いて
乗り越えると、表現に没頭できるし
自分が生き生きしていることがわかります。

言い換えると、生き生き生きるために
表現しようとすると、普段無意識に
なっている思い癖が露見されるのです。

一時、しんどいですが、それこそが
もう要らない思い込みを手放すチャンスに
なるわけです。

自分とつながって、自分を表現する

自分の想いを表現することを邪魔していた
思い込みが外れると、以前よりもっと
楽に自分自身を表現することができます。

それは「オレがオレが」と目立つことではなく
自分自身と繋がって、自分らしく、
本来魂が生きたかった生き方に
近づくことだと思います。

そして、そう生きたいよねということなんです。

だから、怖れず自分の想いを表現しよう。
形にする作業をしていみよう、という提案です。

言葉じゃなくても
絵・歌・詩・踊り・文・写真・・
他に何があるかな・・とにかく

自分のやりやすい表現方法で。
試してみる。試してみたいなと思います。

ところで、母親のことを書きました。
確かにしんどいと思った時もありましたが
ヒーリングを学んだおかげで、
今はいろいろぶっちゃけ話せる仲になりました。
今では彼女にもある思い込みに共感します。

そして、こうした気付きをもたらすヒーリングを
自分を表現するために活用して頂きたいと思います。