『魂の殺人ー親は子どもに何をしたか』本のご紹介 愛するということ 

こんにちは。ヒーラー&鍼灸師、セイクリッドサウンドのAKIです。

今日は、ふと思いついて、以前書いていたブログでご紹介した心理学の本を、またご紹介しようと思います。

20年以上前に、友人の精神科医が、勧めてくれた本です。最近はアドラー心理学などの本も興味をもって読んでいますが、この本もなかなかおススメの本です。

当時の文章が出てきたので、転記します。家族の問題、子ども時代の自分を癒したい方、インナーチャイルド、教育・しつけなどに興味のある方などにお勧めです。

魂の殺人―親は子どもに何をしたか/A.ミラー

これは、ずいぶん前に、友人の精神科医が、勧めてくれた本です。

「アリス・ミラー、彼女は、異端とされているけれど、この本を読めば、心理学は十分なんじゃないかって、思うよ」というコメントととともに。

半信半疑のまま、読み始めましたが、ボロ泣きでした。いくつも、アンダーラインをひきました。本当に、これだけで、十分だなと思ったものです。

読んでいるうちに、胸の奥につかえていた、抑圧していたものが流れていくようでした。わかってもらえた、という感覚が大きかったかもしれません。ただ、読んでいるだけで、癒されていきました。

これは、幼少期のしつけや、教育に焦点をあてた内容の本です。なにげない事柄が、意外にもトラウマになってたりするのだなと、自分の人生を振り返り、大きな理解者を得たようで、癒されるのです。

もちろん、子供を育てている方、子供を持とうと思っている方にもお勧めの本です。私には、子供はいませんが、愛ある教育が、いかに大切か身につまされる気がしました。

誰にも、少なからず、子供の時の、トラウマはあります。自分の子供、自分のなかの子供、子供を愛してあげたいなぁ、と思わせてくれた本なのです。

「愛するということ 2011-01-06」

ヒーリングセッション
ヒーリングセッション
メニュー/料金  
エネルギーリーディング&ヒーリング、ヒプノセラピー、グラウンディングワーク、鍼灸
◆無料メールセミナー
「魂の望む人生を実現する」7つのコツ
◆プロフィール ◆お客様のご感想
◆ヒーリングとは ◆ホームページトップ
◆お問合せ ◆Facebook ◆アメブロ
☆セッションお申込み

◆アクセス
名古屋市東区(千種駅徒歩3分)


お読み頂きありがとうございます。クリック応援励みになります。
タグは12月中までです。それ以降アメブロに移行しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする