不必要なものは手放して

こんにちは。ヒーラー&鍼灸師、セイクリッドサウンドのAKIです。

ヒーリングのセッションの時にお話ししていることですが、セッション中にはいろいろなものが出てきます。咳だったり、あくびだったり、げっぷ、涙、ガス、お腹がゆるくなるなど。それは止めないでくださいねと。浄化として、手放されるものは、体からもどんどん出ていきます。

実は、申込した時点から、エネルギーは動きますので、セッション前にもそうしたことが始まる方もいます。

セッション受けた後も、ゆったり過ごして頂きますが、実際非常に眠くもなることがあります。そうやって体からの変化を体感する方もいます。

心から体から、自分を縛ってそこに割いていたたエネルギー、もう要らなくなったものを手放します。時間を追って、ご自身の在り方も変容していきますので、その変化を感じて頂きたいと思います。

そして空いたスペースで、本来の自分がやりたいことにエネルギーを使う。そのためのヒーリングなのです。

ヒーリングはまだまだ知られていないと思うので、本当に必要な人に知ってもらい届けたいという想いがあります。先日のヒプノセラピー体験セッションの企画もそんな想いからでした。

ヒーリングはあくまで手段として、こころ・からだ・魂を、本来の自分に整えるために使って頂き、現実に自分のやりたいことにフォーカスするために活用して頂きたい。そう思っています。