どんな感情もまるごと感じて受け止めると。。

こんにちは。ヒーラー&鍼灸師、セイクリッドサウンドのAKIです。

今日は、自分でも面白い発見があったのでシェアです。(注)マニアックです(笑)

イライラしている自分に気付く

今朝、ふとイライラしている自分に気付きました。

それは、以前だと見落としてしまうようなサイン。

それに気付いても、ふーんとなにげなくスルーして体の中に沈めちゃったりしたところ。

もしくは、もやっとしても、「さぁ、頑張ろう!」って気合い入れるところ。

では、なくて、実は私イライラしているなって、丸ごと受け止める。

感じる。

イライラするのは悪いことではなくて、そんな自分もOKです!という具合。

心や体からのメッセージ

それを認めてしばらくすると、左脇腹に激痛が!!

けっこう痛かったのですが、こんなの急に起こるのも突拍子もないし、今朝は深くグラウンディングしてたのもあってか、その心のイライラサインを感じたことが引き金になって起こったなぁという感じがしたのです。

これはヒーリングで治るなと直感。

すぐに自己ヒーリングを始めました。

私の体は敏感で、こうしたわかりやすい形で体のメッセージを受け取ることがあります。

でも、よく考えると、不定愁訴という形で多くの方が経験されていることではないかなと思います。

病院に行くほどではないが、なんとなく調子が出ないというようなこと。

私は、自分自身でこうした体や心からのお知らせ、メッセージに耳を澄ますのは、自分を知る上で最強だなと思っています。

そして、こうして関連付けて、受け取れるようになったのもヒーリングを学んだおかげだと思います。

さて、けっこう痛かったので、自分でできるかなと思いつつ、ヒーリングしたところ、ヒーリング特有の眠りを伴いつつも、痛みはスーッと消えていきました。

なんだこりゃ。

そのまま感じる

私はけっこう頭で分析したいタイプなので、こうしたプロセスもあれこれ考えてから、結局取り組むみたいなところがあります。

でも、今回は、「そのまま感じる、丸ごと受け止める」が即効性ありました。

あくまでケースバイケースですが、頭で分析するよりは、そのままの自分を感じるというのはいいように思います。

さて、痛みが去ったところで考える。

どうやら、今朝自分の中での自分の至らなさ、欠乏感のようなものを感じてイライラしていたようです。

今回その感情をしっかり感じてあげたことで、過去に沈めて体に残っていた想いも一緒に出てきて、左脇腹の痛みとして感じたようです。

ヒーリングは、そうした幅広い視点から、自分の状態を知ることができるのがいいと思います。

ヒーリングから自分を知る

ちなみに、今回のヒーリングのコンセプト。

「多くの悲しみと欠乏感が解放され、苦痛に満ちた体験の背後にある学びを深く理解する。判断を手放す必要性を理解し、善悪の判断は個人の成長の度合いに基づき、相対的なものであることに深く気付く」

ということにアクセスしていました。

併せて、脇腹は、鍼灸の経絡のラインでいうと、肝。

肝は、イライラという感情に反応しやすいエネルギーのラインなんですね。

なるほど。これをほっとくと、もっと症状として出てくるわけですね。

どんな感情も丸ごと受け止める

たぶん、感情をがっぷりよっつで感じなかったら、以前の記憶も出てくることはなかっただろうし、こんなにさくっと一連のプロセスでヒーリングできなかったと思います。

どんな感情も、いいとか悪いとかないですね。

いつもポジティブで!ではなく、ネガティブだと思われる感情も、きちんと感じて、そのままの自分を受け止めることが、結局、一番自分の望む方向にいくような気がします。

ヒーリングセッション
ヒーリングセッション
メニュー/料金  
エネルギーリーディング&ヒーリング、ヒプノセラピー、グラウンディングワーク、鍼灸
◆無料メールセミナー
「魂の望む人生を実現する」7つのコツ
◆プロフィール ◆お客様のご感想
◆ヒーリングとは ◆ホームページトップ
◆お問合せ ◆Facebook ◆アメブロ
☆セッションお申込み

◆アクセス
名古屋市東区(千種駅徒歩3分)


お読み頂きありがとうございます。クリック応援励みになります。
タグは12月中までです。それ以降アメブロに移行しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする