怒りの奥にあったもの

こんばんは。ヒーラー&鍼灸師、セイクリッドサウンドのAKIです。

こどもの頃の私は、勉強も頑張って、運動も頑張って、学級委員もやって、本当に手のかからないいい子、優等生でした。

本当にいつも頑張っていた。

あらゆる自分の欲求を抑えて、相手の、親の、みんなの意に沿うようにと、自分なりに気を使って、一生懸命やっていました。

そうして、相手が気に入ってくれたら、ほっとする。

受け入れてもらったと思って。受け入れてもらえるのであれば、ちょっと自分が我慢するのは何でもなかった。

自分さえ我慢すれば、周りが丸く収まるのだったら、それでOKだった。

裏を返せば、そんな風にしなければ受け入れられないと思っていたのだと思います。

そんな風に私の感情は抑えられ、何かを感じても抑圧。

怒ったことはほとんどなかった。

そういう感情に触れて表したくなかった。

たぶん、あまり何も感じなくなっていたと思います。

怒りを感じないのと同様に、喜びも悲しみも。

でも、抑圧して沈んだ感情は、確かに自分の奥にあった訳で。

ヒーリングのワークのひとつに、あえて怒りを表現するというのがあります。

大きな声や好ましくない言葉「ばかやろう~」「わ~」だの、何でもいいのだけど、叫んで体で表現して、発散する。

人前でちょっと恥ずかしいんだけども、何かこれは気後れせずにしっかり取り組むといいに違いないと思い、思い切りやりました。

体の奥底から声を張り上げて叫ぶ。

自分に集中する。

そうやっているうちに、咳がお腹の底からゲボゲボ出て、吐きそうな気分になり、大粒の涙がこぼれてくる。

体の奥にある大きな塊が溶解していくようでした。

その更に奥から、キラキラした何かが出てきて・・・

それは、生命力でした。

驚いた。怒りの奥にあったのは生命力。

それは生きたい!

生き生きと自分を表現したい!

そんな生まれたての赤ちゃんのように輝いていました。

自分が避けていた怒りの奥に、そんなきらきらした生命力があったとは!

私は、この生命力を生かしてあげたいなぁ!と思いました。

怒りも悲しみも喜びも楽しさも。

体全部で感じて、生かせてあげたい。

そんな風に思いました。

誰の中にもある、生命力。

それぞれに輝かせていけたらいい、それが自由にできる世界、それを見たい、そう思っています。

セッションでは、そんな想いでお手伝いさせていただいております。

お気軽にお問合せくださいね。

何か望む状況があったり、手放したい状況があったり、体や心のもやもやだったり、そんなご相談に。

ヒーリングセッション
ヒーリングセッション
メニュー/料金  
エネルギーリーディング&ヒーリング、ヒプノセラピー、グラウンディングワーク、鍼灸
◆無料メールセミナー
「魂の望む人生を実現する」7つのコツ
◆プロフィール ◆お客様のご感想
◆ヒーリングとは ◆ホームページトップ
◆お問合せ ◆Facebook ◆アメブロ
☆セッションお申込み

◆アクセス
名古屋市東区(千種駅徒歩3分)


お読み頂きありがとうございます。クリック応援励みになります。
タグは12月中までです。それ以降アメブロに移行しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする